• 携帯の買取で損をしないためのコツ

    今や、スマートフォンを代表に端末価格が非常に高くなっています。いわゆる「ガラケー(ガラパゴスケータイ)」に関しては非常に安価で購入できる状況もありますが、ことスマートフォンに関して言えば非常に高額な商品が多数発売されています。そんな状況でありながら、一台のスマートフォンを永久に使い続けることは物理的に困難である為、数年(平均的な機種寿命は2~3年といわれる)の内に買い替えることになる可能性が高くなります。しかし、一台数万円もする端末を頻繁に購入することはコスト的に負担が大きくなってしまうため、「古い端末を売って新しい端末の購入費用の足しにする」という考え方は非常に効果的です。そこで、どのようにすれば携帯端末(スマートフォンを含む)を高く買取ってもらえるのかということについて、少しは理解しておくことが必要です。

    高く売る為には「どこに売るのか」の選択が重要

    スマートフォンや携帯電話などの買取りを依頼する際には、一般的な総合リサイクルショップや家電量販店、PCショップ、専門店といった選択肢があります。この内、どの選択肢が最も高く売れるのかというと「状況に応じて変化する」ため、その時々の状況に合わせて適切な方法を選択する必要があります。例えば、「リサイクルショップよりも専門店の方が高く売れる」という状況になることもあれば、全く逆の結果になる可能性もあります。また、同じリサイクルショップという括りで考えた場合であっても、その中で優劣があります。つまり、「複数の選択肢を具体的な結果を元に比較し、最も良い結果を得られる選択をする」ということが必要になります。その際には、実際に査定を受けて結果を比較する方法が確実ですが、その労量を削減するためには「他人の経験談(口コミなど)」を参考にして候補を厳選していく方法が効率的です。

    複数の結果があれば比較検討が容易になる

    それぞれの方法でどの程度の結果が期待できるのかに関しては、インターネット上の情報を参考にすることである程度の推測をすることができます。しかし、実際には売却するスマートフォンや携帯電話を査定してもらい、明確な買取価格を確認したうえで比較することが大切です。情報だけを頼りに選択肢を絞り込んでしまった場合、その結果が良くても悪くても客観的な判断をすることが難しくなってしまいます。情報収集をしっかりとすることは非常に大切ではあるものの、最終的な判断は「実際に出てきた結果」を見て決めることが必要です。そして、その判断をより確実なものにするためには、出来る限り多くの候補から結果を得て、それを基にして比較検討してくことがおすすめです。そうすることによって、「誰が見ても合理的な判断」をしやすくなります。